カードローンの1本化によって得られる効果

複数のカードローンを利用している人の中には、件数の多い方がどこかの業者の審査には通るだろうと思っている人が少なくありません。

 

しかし、現在では指定信用情報機関制度によってすべての業者が同じ信用情報を共有しているため、件数が多いからといって審査に通る確率が上がることはほとんどありません。

 

逆に、一度に複数のカードローンに借入の申込をすると、返済不能になる可能性の高い人物と判断されて、借入を拒否されることの方が多くなります。

 

また、複数のカードローンを利用しているとそれだけ返済の件数が多くなり、返済金額の管理も煩雑になって適正な収支計画を立てにくくなります。

 

このような状況を打破するためにすべきことは、カードローンを1本化することです。

 

そして、1本化にはおまとめローンの利用と借り換えの2つの方法があります。  

 

仮に、多重債務によって返済に窮している場合はおまとめローンが適しています。

 

おまとめローンにすれば金利が低くなって返済金額も減少するので返済が楽になります。

 

また、借入先も一つになるため、返済の管理も容易になります。

 

なお、おまとめローンは返済専用のローンであるため、完済するまでは新たな借入ができません。

 

返済に専念するしかないという状況に自分を追い込むことで、自分の意思を律することもできます。

 

また、単にカードローンの件数が多いだけで返済に苦しんでいるわけではない場合は、どれかのカードローンに絞ることが賢明です。

 

借入の審査においては、返済能力の判断材料になる他社のカードローンの利用件数が大きく影響します。

 

カードローンの利用件数が多いとそれだけ借入額が膨張する危険があるためマイナス評価になり、借入を拒否される可能性が高まります。

 

意味の無いカードローンの複数利用は避けた方が無難です。

 

 

 


このページの先頭へ戻る