カードローンの借り換えで低金利の設定を

カードローンの借り換えをすることにより、金利を低く設定できる可能性があります。

 

よって、当初の返済総額も、それに比例して減らせる可能性がでてきます。

 

これはすでに複数の借り入れがあり、カードローンを一つにまとめて借り換えを行った場合の話になります。

 

実際には、数字はどのようになるのか具体的にみていきましょう。

 

 

 

例えば、A社とB社の2社から、借り入れをしていたとします。

 

A社からは100万円。B社からは50万円。合計で150万円の借り入れです。

 

各借り入れ額に対して、利息が変わります。これは利息制限法、とという法律に基づくものです。

 

 

 

10万円未満…上限利率が20.00%

 

10万円〜100万円未満…18.00%

 

100万円以上…上限利率15.00%

 

となります。

 

 

 

これを基準にすると、A社からの借り入れに対する利息は15万円。

 

そしてB社からは9万円。

 

合わせて24万円の利息が借り入れ額に加わり、返済を求められるのです。

 

そこで、カードローンの借り換えを行ったとします。

 

借り入れ額に対して利息が変わってくる、利息制限法により金利が変動します。

 

すると計算は次のようになります。

 

 

 

借り入れ合計額……100万円+50万円=150万円

 

借り入れ額に対する利息…150万円×15.00%=22万5千円

 

 

 

カードローンの借り換えを行った場合は、借り換えを行わなかった場合の利息24万円と比較すると1万5千円分も負担が軽くなります。

 

 

 

今回の場合は、利息制限法に基づき、上限利息での計算でした。

 

しかし、各カードローン会社は、それよりも金利をさらに低く設定しているところもたくさんあります。

 

さらに利息を小さくし、返済総額を減らせる可能性がありますので、それぞれのカードローン会社で比較検討してみることをおすすめします。


このページの先頭へ戻る