銀行のカードローンをおまとめローンとして利用

近年は消費者金融において借り換えのための「おまとめローン」を展開しているところが増えています。

 

その理由には貸金業法による総量規制によって貸出額が大幅に減っていることがあります。

 

ただ、最近は銀行でもおまとめローンを提供しているところが出てきていますし、おまとめローンでは無くても借り換えとして利用できるものが多くなっています。

 

そして、銀行のカードローンに借り換えるメリットには以下のことなどがあります。

 

 

 

●金利の低下

 

消費者金融のおまとめローンの金利は通常のカードローンより低くなっていますが、銀行のカードローンはそれよりもさらに低い金利のものが少なくありません。

 

複数のカードローンをまとめると借入金額が高額になるため、通常のカードローンでは利用できない金利で借り入れることができます。

 

従って、金利が低くなる分毎月の返済金額も少なくなるため、返済が楽になります。

 

 

 

●総量規制の適用外

 

消費者金融のおまとめローンは利用者にとって有利なローンであることから総量規制の例外規定に該当するため、通常のカードローンで掛けられている年収額の3分の1以内という貸出制限はありません。  

 

しかし、銀行はもともと貸金業者ではないため、貸金業法に規定されている総量規制の適用を受けません。

 

従って、利用者の年収に関わらず、審査に通れば高額な借入も可能です。

 

ただし、銀行のカードローンは貸金業者を保証会社にしており、実質的には保証会社が審査を担当しているため、審査の内容は消費者金融のものとほとんど変わりがありせん。

 

 

 

●信頼性の向上

 

銀行というのは消費者にカードローンを提供するという立場ですが、逆に消費者から預金という形で事業資金を得る立場でもあります。

 

従って、消費者から信頼を受けることが第一であるため、法律に触れるような行為をしたり、資金が消失するような事業をしたりすることはありません。

 

そのため、消費者金融に比べると、銀行と取引をしていた方が安全、安心であることは間違いがありません。 

 


このページの先頭へ戻る