複数の借金を整理する方法とは?

幾つかのカードローン会社やキャッシング会社からの借り入れがあり、それぞれに返済を行わなくてはならない状態を多重債務と呼びます。

 

多重債務の状態ですと個々の借金を返済していかなくてはならず、人によっては借金の返済のためにまた別のキャッシングなどで借り入れを行うという、俗に言う自転車操業に陥ってしまう場合もあります。

 

そうなってしまうと利息だけがどんどん膨らんでゆき、返済が困難になってしまいます。

 

そこで、多重債務に陥ってしまった場合にできることを幾つか紹介させていただきます。

 

 

 

●一本化を検討してみる

 

カードローン等、「おまとめローン」を利用できる会社が最近では増えてきています。

 

そのようなサービスを利用することによって、複数のカードローンやキャッシング等の借金を一つにまとめることができ、結果的に全体にかかる利息を減らすことができる場合があります。

 

借金自体の総額が減少するわけではありませんが、かかる金利を減らすことができれば返済の負担は随分軽くなることと思いますので、多重債務状態の方はぜひ借金の一本化を検討してみることをオススメします。

 

 

 

●債務整理をする

 

どうしても自力で複数ある債務の全額を返済することが困難になってしまったという場合には、債務整理という手段が残されています。

 

債務整理には4種類あり、任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産となっています。

 

任意整理は、一般的に弁護士などを通じて、抱えている債務を利息制限法に基づいて支払い能力に応じた条件にするよう交渉していく方法となります。

 

特定調停は簡易裁判所を通じて行う任意整理です。

 

ただし、支払う予定が立てられるというのが前提条件となります。

 

債務の総額を確定し、今後どのように返済していくかを計画することになります。

 

個人民事再生とは、ローン以外の借金の総額が5000万円以下の場合に限って利用することができる債務整理の方法です。

 

返済額を決定し、原則として3年以内に分割で支払うことになります。

 

最後の自己破産ですが、これは返済できるという見込みが立たない場合に行うことができる債務整理です。

 

現状で持っている財産を全て処分して新しく出発するための債務整理で、裁判所に申し立てて破産が決定した場合、債務もゼロになります。(ただし、ギャンブル等が原因の借金であった場合は認められない場合があります)。

 

他にも、選択できる職業の幅が狭まる、社会的な信頼がかなり低くなってしまうといった大きなデメリットもあるため、最終手段として選ばれることが多いようです。


このページの先頭へ戻る