おまとめローンを検討する時は金利が大事

おまとめローンを利用すれば、複数の借入を一つにまとめることができるので、負担を減らせる可能性があります。

 

しかし、まとめたときに金利が高くなっている場合には、負担が減らないということになってしまうので、おまとめローンを利用するメリットが得られなくなってしまいます。

 

したがって、金利はとても大事なものなのです。

 

金利はおまとめローンを提供している各業者によって変わってきますが、ほとんど共通しているのは幅があるということです。

 

どの業者を見ても、大概何%から何%というように設定されているはずです。

 

この金利の幅をしっかり理解しておくことが重要です。

 

 

誰もが一番低い下限金利で借りたいと考えるでしょうが、借りる側には決定権はありません。

 

貸す側が、審査の内容などによってどの金利にするかを決めます。

 

一般的には、信用がある人は金利が低くなりますので、初めて利用する業者の場合には金利の幅の中でも比較的高めとなってしまうことが多いです。
ただし、担保があるような場合やこれまでに借入をしたことがあって信用情報が良いという場合には、金利が低くなる可能性があります。

 

したがって、おまとめローンを選ぶときには、金利をチェックする時に下限金利だけではなく、自分がどの程度の金利になりそうかをしっかりと理解することが肝心です。

 

また、利用実績のある業者を選べば、多少信用情報が考慮されるかもしれませんので、有利になることもあるでしょう。

 

候補となる業者や銀行が初めて利用するところばかりであれば、適用される可能性の高い上限金利を比較するという方法も一つの方法です。

 

しっかりと比較して、十分にメリットが得られる金利のおまとめローンを選択しましょう。


このページの先頭へ戻る