おまとめローンに申し込む際に気を付けるポイント

おまとめローンに申し込む際に、気になるのが審査のポイントです。

 

どのような審査がされるのかは明らかにされないものですので、これまでの傾向から判断していくしかありません。

 

今回は、これまでのさまざまな申込み状況から得られた傾向についてポイントをまとめましたので、ご紹介します。

 

 

1、借入状況

 

借入先は理論的には何件あっても構わないのですが、審査ではだいたい5件以上あるとパスする可能性が低くなってしまいます。

 

例えば、一つ目の状況として、5社から上限額の50万円ずつを借り入れているという状況を考えます。

 

この場合には合計250万円ですが、審査には通らない可能性が高いです。これは、信用のない人の典型例のような形です。

 

5件とも低い上限額が設定されているので、そもそもの返済能力が低いと判断されるでしょう。

 

次にもう一つの状況として、2社から150万円ずつを借り入れている状況を考えます。

 

先ほどの金額よりも合計は大きくなっていますが、借入先が少ないことと上限額が低くないことから、返済能力は低くないと判断されるはずです。

 

したがって、こちらの例の方が審査には通りやすいでしょう。

 

 

 

2、信用情報

 

これまでの借入実績の中で、延滞を発生させていると信用情報にその旨が記載されてしまいます。

 

信用情報は必ず照会されますので、もし信用情報が悪ければ、審査に落ちる可能性が高まります。

 

記録は長ければ数年以上残ってしまいますので、注意しましょう。

 

 

 

3、複数の申込み

 

複数のカードローンに同時に申し込んでしまうと、審査に落ちる可能性が高くなります。

 

何とかカードローンを利用したいと考えて、保険の意味合いも込めて複数に同時に申し込みたくなるかもしれませんが、そのような複数の同時申込みはいけません。

 

申込み実績も記録されていますので、そのような実績があれば、ほぼ間違いなく落ちるでしょう。

 

これも信用を無くしてしまう行為となるので注意が必要です。

 

審査はこれらのポイントがすべてではありませんが、気を付けておきたいものです。


このページの先頭へ戻る